仕事と家庭を両立させるためには

雇用において男女平等が求められて、現代は完全ではありませんが一昔前に比べて性別に関係なく働くことができるようになってきています。
女だからと就けない仕事はなく、管理職に抜擢されることも普通になっていて、好きな仕事に打ち込める環境になってきています。
結婚後も共働きをする夫婦が増えており、それに伴って経済的なことではなく働くことに喜びを感じている女性も増えているのが現状です。
しかし、そのような女性にとって妊娠や出産、子育ては厄介な問題となってしまうのです。
赤ちゃんが欲しくないわけではありませんが、妊娠と出産に関しては男性に代わってもらうわけにはいきません。
育児もほとんどの場合が母親の責務となることが多くなります。
これは母乳など効率性を考えれば自然なことかもしれませんが、ここで育児休暇を取って家事全般を引き受けてしまうと、男性が手を貸さなくなってしまうことも多くあるのです。
悪気ではなく任せて大丈夫と思い込む夫が多いようで、こうなると復職後が面倒になってしまいます。
そのようなことにならないよう、早い段階から将来のビジョンを見据えて役割分担を決めておくことは大切です。
仕事と家庭の両立は妻が一人だけで行うのではなく、夫の協力が必要不可欠となります。
育児休暇中で余裕があってもできる限り夫婦二人で行うことが肝心です。
そうやって基本を作っておくことが、復職したときに役立ちます。
「子育てと家事は夫婦で行う」これをモットーにすることが大切になってくるのです。